【札幌市西区手稲区】悲報!札幌市民「帳尻を合わせてきた」話しかしない

札幌 大雪

2020年2月9日22時30分 JR琴似駅前の様子

札幌では連日の大雪と寒波に見舞われ、西区手稲区民は、連日、雪かきや雪下ろしで疲れたり、激しい寒さや吹雪の中の移動をしいられています。

そんな中、誰かに会うと「いやぁ、すごい雪だね。帳尻を合わせてきたねー。」と、いう会話が、どこでも繰り広げられます。
老いも若きも、札幌市民・北海道民なら、みんな、なんです!

「帳尻を合わせる」という言葉は、ことわざ なんだそうですね。
辞書を引くと、意味は「収入と支出が合うようにすること」「物事の結末が合うようにすること」

北海道民、札幌市民は、雪が一年間に降る量はだいたい決まっていて、シーズン初めに雪が少なかったとしても、後半に大雪になって、最終的には年間通して降る量はだいたい同じ・・というように思っています。

雪が少なかった昨シーズン、今シーズン、本当に多く聞くんですよ。
「雪が帳尻合わせてきたね~」って(笑)

雪かき 札幌

雪が少なかったこともあり、町内会単位で、市道や道道じゃない家の周りの生活道路の排雪を頼む、札幌市パートナーシップ排雪制度を今年度は断ってしまった町内会も多いと聞きます。
路地の除排雪はどうするのか、札幌市からの補助がないまま民間に依頼しなければいけないのか、頭を悩ませる町内会が多そうですね・・。

(なな)

2020/02/11 08:30 2020/02/11 08:30
なな
ジモネタ札幌市西区
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら